民意は自民にNO!―山口2区衆院補選(第60回2008年4月28日)

4月27日の衆議院山口2区の補欠選挙で、民主党の平岡秀夫氏は、自民党公認(公明党推薦)で国土交通省出身の山本繁太郎氏を116,348票vs. 94,404票の大差で破り、四選を果たしました。通常、補選は投票率が低く、組織票の強みが発揮できる自民候補が有利とされていますが、今回は69.00%でした。郵政選挙の72.45%には及ばなかったものの、並の総選挙以上の投票率を記録したのは、この選挙の結果が持つ意味を、有権者が正確に理解して行動したからに他なりません。

争点はガソリンで始まりましたが、選挙の告示(15日)と後期高齢者医療制度の保険料天引きが開始される日とが重なったため、いきおい、この「お年寄りいじめ」の悪法がクローズアップされる結果となりました。20日に山口2区を遊説した福田首相が、

 

続きはこちら

後期高齢者医療制度の廃止を(第59回2008年4月25日)

 4月1日から始まったこの制度は、75歳以上のお年寄りと、65〜74歳でも寝たきりなどの症状をかかえた方、計1300万人が対象になります。現在はご家族の被扶養者で、ご自分では保険料を払われていない方は平均して年額72,000円の負担増。国民健康保険や組合健保などに加入されている方も、新制度への移行により負担が増えます。舛添厚生労働大臣は当初は「7〜8割の人は保険料が安くなる」と言ったものの、新たな公約違反になることを怖れて、「根拠のある数字の裏付けはない」「自分の感じで言っただけ」と訂正しました。従来、市町村が軽減措置を講じていた場合は必ず負担増になりますが、最近の調査で、広域連合単位で減額できることが分かりました。実施しているのは9都道府県のみで、埼玉県は公費投入による財政支援をしていないので年金天引き保険料は72,200円になります。

 

続きはこちら

暫定税率復活阻止を!!―民主党の道路政策(第58回2008年4月18日)

  1. 道路特定財源を一般財源化します。
    道路を作るために限定されているガソリン税などを、教育や医療など、他の分野にも使えるようにします。そうすれば、国土交通省などの役所や、道路利権にむらがる族議員によるムダづかいもなくせます。
  2. 暫定税率は廃止のまま。再議決には絶対反対!
    暫定税率廃止でガソリン代が下がれば、家庭で自由に使えるお金が1軒あたり5〜8万円も増え、景気対策になります。流通コストも下がり物価対策の効果もあります。政府・与党は暫定税率復活を強行しようとしていますが、阻止するためには世論の支持が必要です。
  3. 地方の道路財源は守ります。
    道路整備が遅れている地域・箇所があるのは事実ですから、地域の生活を支えるために必要な道路財源は確保します。地方負担金をなくし、臨時交付金は維持するので、地方の自主財源は今よりも増えます。ムダづかいを徹底的にカットすれば、国も本則税率分だけで可能です。

 

続きはこちら

1)次は、県議再選挙―県議西5区旧上福岡市、2)山口2区衆院補選にもご協力を(第54回2008年4月14日)

1)次は、県議再選挙―県議西5区旧上福岡市

民主党埼玉県連は4月18日(金)告示、27日(日)投票の予定で執行される埼玉県議会議員西5区(ふじみ野市の旧上福岡市地区)の再選挙に「やぎ昭次」氏を民主党公認で擁立することを決定しました。やぎ氏は37歳、現職は小宮山泰子代議士の公設秘書ですが、2003年、05年の衆議院議員総選挙に埼玉11区(深谷、本庄、秩父など)から出馬したこともあります。

この再選挙は、昨年4月の統一地方選挙で当選した自民党公認・近藤善則被告の買収容疑による有罪が確定し、失職したことにともなって実施されるものです。みずからの県議選挙に備えて、市議たちに推薦料名目で現金を渡し、または渡そうとした罪に問われた近藤前県議の事件は、政権党自民党の旧体質をまさしく象徴するもので、この議席を獲得する意義は極めて大きいのです。

旧上福岡市は埼玉7区で小宮山代議士の選挙区ですが、東上線沿線ということもあり、皆さまも知人・友人・ご親戚などがおいでだと思います。私たち10区総支部もこの選挙に出来る限りの協力をしたいと思いますので、ご紹介いただける先などを松崎事務所(坂戸市薬師町11-1-105、TEL049-284-5554、FAX049-284-5777)までご一報いただければ幸いです。

 

2)山口2区衆院補選にもご協力を

同様に、15日(火)告示、27日(日)投票で衆議院山口2区の補欠選挙が執行されます。民主党は現職の平岡秀夫代議士が出馬します。平岡氏は2000年、03年の総選挙に小選挙区で当選、05年郵政選挙は588票の僅差で比例復活という成績です。

対する自民党は、旧建設省道路局出身の国土交通官僚を公認候補者として擁立。世論の64%が反対(共同通信調査)する「暫定税率復活のための再議決」が可能になる4月29日の直前に、敢えて「道路族」をぶつけてくるのです。厚顔無恥というか傲岸不遜な態度だと思いませんか。しかし、この補選で平岡氏が敗れるようなことがあれば、政府に「ガソリン再値上げ」の口実を与えてしまいます。山口2区は下松市、岩国市、光市、柳井市、周南市(旧熊毛町)、大島郡、玖珂郡、熊毛郡です。この選挙にも、皆さまのご協力をお願いします。

坂戸市議選・市長選の結果(第53回2008年4月14日)

昨日(4月13日)執行の坂戸市議会議員選挙および市長選挙の結果をお知らせ申し上げます。

 

市議選(定数24) 投票率54.81%、前回53.24%

当 くりはら博之 新人 (民主党公認) 1,494票(13位)
手塚 しげみ 現職 (民主党公認)  969票(27位)

 

市長選 投票率54.79%、前回無投票

当 伊利 ひとし 現職 (民主党推薦) 24,805票
高橋 しんじ 新人         11,513票
伊藤のりつぐ 新人          5,589票

 

なお、手塚しげみ候補は最下位当選者(1,003票)と、わずか34票差の惜敗でした。詳細は坂戸市ホームページでご確認ください。

民主党終日キャンペーン―始発から終電まで北坂戸駅で実施(第52回2008年4月8日)

080401_kitasakado.jpg

税金の額は主権者である市民が決めるものです。使いみちも、主権者が決めるのがデモクラシーです。ガソリン値下げはゴールではなく、「国民の生活が第一」の政治を実現するための第一歩に過ぎません。政府・与党のたくらむ「再値上げ」を阻止するための新たなる戦いに向かい、私たちは4月1日を民主党終日キャンペーンの日として、始発前の5時から終電到着後の2日午前1時までの20時間にわたり、北坂戸駅西口駅頭で実施しました。

内閣支持率24%に下落―解散も視野(第57回2008年4月8日)

福田内閣の支持率は危険水域といわれる30%を割り込み、24%まで落ちていることが分かりました。毎日新聞が4月5、6日に実施した全国世論調査の結果で、不支持率は57%に達しています。毎日の3月調査は支持率30%、不支持率51%でした。朝日、読売の4月調査は、まだ発表になっていませんが、やはり30%を割るものと思われます。(テレビ朝日は24.7%、共同通信は26%)

3月中旬から4月にかけて、福田内閣にとって打撃となる事態が集中しました。日銀総裁人事の2度にわたる不同意の問題、消えた年金の統合完了が不可能となったのに公約違反でないと強弁していること、3月末のガソリン暫定税率失効(値下げの実現)、小麦価格の3割引き上げにともなう食料品の高騰、電気・ガスなど公共料金の値上げなどが相次いでいます。世論は、総じて福田首相の指導力欠如や、政権与党の統治能力に疑問をいだきはじめたといえるでしょう。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る