後期高齢者医療制度の廃止を(第59回2008年4月25日)

 4月1日から始まったこの制度は、75歳以上のお年寄りと、65〜74歳でも寝たきりなどの症状をかかえた方、計1300万人が対象になります。現在はご家族の被扶養者で、ご自分では保険料を払われていない方は平均して年額72,000円の負担増。国民健康保険や組合健保などに加入されている方も、新制度への移行により負担が増えます。舛添厚生労働大臣は当初は「7〜8割の人は保険料が安くなる」と言ったものの、新たな公約違反になることを怖れて、「根拠のある数字の裏付けはない」「自分の感じで言っただけ」と訂正しました。従来、市町村が軽減措置を講じていた場合は必ず負担増になりますが、最近の調査で、広域連合単位で減額できることが分かりました。実施しているのは9都道府県のみで、埼玉県は公費投入による財政支援をしていないので年金天引き保険料は72,200円になります。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る