民意は自民にNO!―山口2区衆院補選(第60回2008年4月28日)

4月27日の衆議院山口2区の補欠選挙で、民主党の平岡秀夫氏は、自民党公認(公明党推薦)で国土交通省出身の山本繁太郎氏を116,348票vs. 94,404票の大差で破り、四選を果たしました。通常、補選は投票率が低く、組織票の強みが発揮できる自民候補が有利とされていますが、今回は69.00%でした。郵政選挙の72.45%には及ばなかったものの、並の総選挙以上の投票率を記録したのは、この選挙の結果が持つ意味を、有権者が正確に理解して行動したからに他なりません。

争点はガソリンで始まりましたが、選挙の告示(15日)と後期高齢者医療制度の保険料天引きが開始される日とが重なったため、いきおい、この「お年寄りいじめ」の悪法がクローズアップされる結果となりました。20日に山口2区を遊説した福田首相が、

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る