年頭所感(第70回2009年1月1日)

平成21年。2009年が明けました。旧年は福田内閣が政策的にゆきづまりながら総辞職、解散・総選挙を運命づけられた麻生内閣も失速し、世界不況へ打つべき手も打たないまま年を越してしまいました。新年がどのような年になるのかは、皆さまの選択に委ねられています。

自民党幹事長を務め、かつては名門派閥・宏池会を率いた加藤紘一氏は、「自民党は歴史的使命を終えた」と語っています。戦後の復興から経済成長を成し遂げ、米ソ冷戦が終わるまで、「平和と繁栄」の半世紀を指導してきたのが自民党でしたが、1990年代以降の新たな局面に対応できないでいるのです。小泉元首相はそういう「自民党をぶっ壊し」、新しい政治を目ざしましたが、彼の「改革」は日本をアメリカ化し、競争激化の社会に変貌させることであって、「格差と貧困」を日本中に撒き散らし、安心・安全とは対極の拝金主義ですさんだ世の中にしてしまいました。

続きはこちら

▲ページトップに戻る