新自由主義との訣別 オバマ新大統領の就任演説(第72回2009年2月9日)

1月20日、アメリカのオバマ新大統領の就任式典がありました(日本時間21日未明)。私はアメリカの建国200年の頃に米国留学を決意し、日米の大学で政治の研究をしていましたので、ジェファーソン、リンカーン、ケネディなど過去の大統領の演説や論文も知っているものですから、格別の感慨をもって現地からの中継を見ました。

冒頭、就任の宣誓を間違えたのには驚きを禁じ得ませんでした。その文章は合衆国憲法で一言一句まで決められており、最高裁長官の先唱を繰り返しておこなうのですが、その長官が間違えてしまったのです(そのままでは就任の効力が発生せず、後で宣誓し直しました)。それはさておき新大統領の演説は、地味とか格調が高くないとの評が多かったようですが、私の印象は違います。アメリカの現状を冷静に見極め、失敗を変革していく方向性を明快に打ち出していたからです。

よく、「大きい政府か小さい政府か」が議論の対象になります。しかしオバマは、機能しているかどうかが問題なのだと喝破します。日本でいえば、国民皆年金と言っても、払った保険料の記録が消えてしまえば、中福祉とか高福祉とか言葉をもてあそんでも意味がないということです。

 

続きはこちら

SSC(シニア・サポーターズ・クラブ)趣意書署名活動にご協力ください(第69回2009年2月9日)

私たちのように人生第一番目の仕事は卒業し、二番目の仕事にいそしむか、あるいは悠々自適に時を過ごしている「かつての現役世代」にお集まりいただき、今の世の中、とくに政治のあり方について物申す機会を作ることをご提案します。若い者たちには知識といい経験といい負けると思いませんが、物申すからには手も体も動かすことが必要と考え、松崎哲久前代議士の活動の一端を体力の許す範囲で支えながら、「国民の生活」の実状とその哀歓を国政に送りとどけるポンプの役割を果たせたらと思います。昨年から何度か準備会を開き、とりあえず、毎月第一月曜日の午後1時に、坂戸事務所に集まることを決めました。シニアの皆さん、どうぞお気軽にご参加ください。(SSC世話人 佐藤尚武)

最初は、3月2日です。(月曜・午後1時)

お問い合せは、049-284-5554の松崎哲久事務所まで。地図もあります。

▲ページトップに戻る