森林都市構想に賛同を!(第74回2009年4月6日)

私たちが住む比企・入間は東京に近く、関越と圏央道、東上線と越生線、八高線などの交通結節点にありながら、山と緑と水が残されている素晴らしい地域です。この我がまちを、自然環境を守りつつ都市生活の便利さを実感できる「森林都市」と呼べるように、様々な構想が浮かびます。

1)次世代路面電車(LRT)で熊谷・森林公園駅を結び、第2期には東松山駅を経由して鴻巣まで延伸します。吉見と本川越を結ぶ案も続くでしょう。LRTは、すでに完成している道路に管理者(国と県)の同意を得て敷設しますから、一般の鉄道に比べて驚くほど低予算で可能です。

2)高坂サービスエリアのインター化で、鳩山・高坂・にっさいニュータウンの利便は飛躍的に向上します。これはETC専用出入口ならば全額国費で試行できますし、民主党政権になれば高速道路の無料化で嵐山パーキングエリアはじめもっと多くのインター開設が可能になります。

3)都市鉄道等利便増進事業として東上線の川越市駅で西武新宿線と乗り入れ可能にし、その前段階には本川越駅と市駅の南端に連絡口を設ける、などです。

このうち2)は、2003年総選挙の際にも掲げ、当選して実現へ努力しましたが、郵政解散まで1年9ヵ月では短かすぎました。1)と3)は、国土交通委員として関わった制度や予算を利用して事業化を構想し、2005年総選挙で訴えましたが、議席を失ってしまいました。いずれも既存の公共インフラ(道路・鉄道)を最大限に利用することで、なるべく環境を破壊せず、工事も簡略化して、予算を効率的に使う考え方で導入するものです。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る