政権交代が第一。小沢代表、辞任(第72回2009年5月12日)

小沢辞任 

5月11日午後5時、記者会見で小沢一郎代表は辞意を表明。補正予算案の衆議院審議後に、新しい代表を選出することになりました。

小沢辞任で、政局は新しい局面を迎えます。小沢代表は「党内が乱れていたのでは選挙に勝てない」ことを辞任理由の第一に挙げましたが、すでに党内は「歴史の評価にたえられる見事な決断」(非小沢陣営の玄葉光一郎代議士)など、一致結束に向かっています。

◆ 官僚支配か、国民が主役か

元警察官僚トップの漆間(うるま)官房副長官が「自民党には捜査は絶対に及ばない」と、したり顔に言った麻生政権の思惑は外れ、今後の課題は「政権交代、是か非か」の一点に絞られます。「国民の生活が第一。」の民主党か、官僚支配の自民党か。最後の選択は、およそ100日後に迫っています。

以下、小沢代表の会見の全文です。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る