10区の未来は森林都市(第78回2009年6月8日)

第74回(2009年4月6日)でご紹介した「森林都市構想」は大好評でした。「自然環境を守りつつ都市生活の便利さを追求する」のが基本ですから、関越と圏央道、東上線と越生線、JR八高線などの交通結節点にありながら山と緑と水が残されている、比企・入間地域の特性をいかした構想です。

以下に5つの提案を記し、2)3)4)については詳細を説明しています。

1)次世代路面電車(LRT)で熊谷・森林公園駅を結び、さらには東松山駅を経由して鴻巣まで延伸します。吉見と本川越を結ぶ川島線も続くでしょう。LRTは、すでに完成している道路に管理者(主に県)の同意を得て敷設しますから、一般の鉄道に比べて驚くほど低予算で建設可能です。LRTの成功例は富山ライトレールが知られていますが、全線を新たに敷設するのは日本初の試みとなり、路線自体が観光資源にもなりえます(第74回で解説しています)。

2)高坂サービスエリアのインター化で、鳩山・高坂・にっさいニュータウンの利便は飛躍的に向上します。これはETC専用出入口ならば全額国費で試行できますし、高速道路の無料化を前提にすれば、嵐山パーキングエリアはじめもっと多くのインター開設が可能になります。

3)川越三駅を一体化し、東上線と西武新宿線を乗り入れ可能にします。現状でも本川越駅と川越市駅の南端を結べば200mなのに、乗換客は750mも歩かされています。慣らされ、諦めてしまっては理不尽は何も解決しません。

4)八高線に新駅を設置するとともに輸送力を高度化します。竹沢、小川町、明覚に加えて五明または日影に駅が必要です。わが国は鉄道王国でしたが、高度成長期に自動車中心に政策転換してしまいました。しかし、エコ意識が高まり高齢化も進む中、ふたたび軌道交通への移行(モーダルシフト)が見直されているのです。

いずれも既存の公共インフラ(道路・鉄道・駅)を最大限に利用することで、なるべく環境を破壊せず、工事も簡略化して予算を効率的に使う考え方です。しかし、何といっても「森林都市構想」を象徴する最も簡単な方法は、5)「東武東上線」の「森林都市線」への改称です。沿線イメージを一言で表現するこの変更によって、地域活性化の経済効果は計り知れないものがあります。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る