「友愛」は抽象的ではない(第80回2009年6月23日)

鳩山由紀夫代表が掲げる「友愛」が有名になりましたが、新聞・テレビに登場する記者やコメンテーターは「抽象的だ」と批判します。その影響で、市民・町民の皆さまの中にも、「友愛」は分かりにくいという感想をもたれる方もあるようです。

実は私も、1996年の民主党(第1次)結党の頃は、鳩山代表の近くで発言を聞いて、「愛は現実政治とはミスマッチではないか」と思ったものでした。しかし、その後の自民党政権(とくに小泉・竹中路線)がアメリカ流の新自由主義に傾きすぎ、競争至上主義の、勝ち組優先の政策を強化した結果として格差拡大社会を招いてしまったことを考えると、「友愛」は決して抽象的な空論でなく、今日の日本社会が基づくべき「政治理念」なのだと確信できました。

自民・公明連立政権が主導した補正予算の巨額なバラマキには、財政を預かる者としての責任の片鱗も感じられず、怒りと憤りを覚えますが、どうせバラマキするのなら、せめて、差し迫って必要なところへは支出して欲しかったと思います。「母子加算200億円」の復活は冷酷に拒否し、不要不急のアニメの殿堂には117億円のムダづかい。20代の若者の死因の49%が自殺という社会の異常さは、「人の命よりもコンクリートを大事にする」官僚支配の政治を改革しなければ正せないのです。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る