「8月総選挙」で問う 政権交代、是か非か(第81回2009年7月6日)

09_0706_01.jpg

川島町で鳩山代表

09_0706_02.jpg

滑川町で岡田幹事長

政権交代を実現するには、衆議院で過半数を制する必要があります。定数480、現有議席は自民304、公明31で、民主112、社民7、国民新5、新党大地1と共産9、無所属9です。

民主党は社民・国民新・新党大地・新党日本と各地で選挙協力をしていますので、連立を組むとしても単独で220程度は確保しなければなりません(共産とは連立しませんが、首班指名で自民党総裁には投票しないので235程度が実質的な過半数)。

民主党の220議席獲得は比例区70として150以上の小選挙区で当選しないと実現できないのです。現職は小選挙区53人、比例区59人ですから、その全員に加えて更に50選挙区で勝利が必要です。言い換えると前々回2003年総選挙(小選挙区・比例区あわせて167人が当選)で当選したものの郵政選挙で議席を失った前議員たちが当選できれば、この条件は満たされます。つまり、松崎哲久前代議士の埼玉10区は、小選挙区での結果が全国レベルの政権交代と直結する選挙区なのです。

 

続きはこちら

▲ページトップに戻る