自民系も認める人材の豊富さ(2010年3月12日)

地元の体協の50周年式典で、茨城2区の石津政雄代議士が記念講演。知る人ぞ知る生涯スポーツの権威ですから企画は当を得ていますが、従来なら異例の人選。なにしろ聴衆の役員や議員はほとんどが保守系・自民系の人たちなのです。

その彼らが、魅力的な話に引き込まれた末の感想は、「民主党には人材が一杯いるね」と。「気がつくのが遅いよ」と言いたいけれど、それもこれも「政権交代。」の根底要因というべきか。

(『プレス民主』2010年3月5日発行 228号)

▲ページトップに戻る