近日雑感2010年 一覧

船長釈放問題(2010年9月27日)

 船長釈放問題につき、松原仁代議士を始めとする民主党有志議員の「緊急声明」に賛同しました。全体像の「詳細不明」は変わりませんが、那覇地検と官房長官が明言したごとく地検の独断的政治判断ならば(もちろん事実は違うとの疑いはあります)、議会制民主主義の根幹に関わる大問題だからです。声明は何本かありますが、現時点で私が賛同した部分を下記に掲げておきます。(9月27日声明の前文3行以外)

 

 尖閣諸島がわが国固有の領土であることは疑いがなく、かつわが国は永年にわたって実効支配を行っており、そもそも領土問題は存在しない。こうしたことを踏まえると、今回の事件の処分にあたり、他国からの発言や行動を考慮に入れる必要は法理上一切ない。

 今回、中国人船長が「処分保留」で釈放されたことによってこの件の捜査は実質的に中断され、近い将来「不起訴」となることが予想される。しかし、容疑者の身柄を拘束し、その上で勾留を延長したということは、容疑者にそれ相応の違法行為があったと検察が判断し、刑事訴訟法第208条の「やむを得ない事由があると認め」たことによるはずである。にも関わらず、「国民への影響や今後の日中関係も考慮すると、これ以上容疑者の身柄拘束を継続して操作を続けることは相当ではないと判断し(鈴木那覇地検次席検事)」、急遽釈放するという那覇地検の判断は、刑事訴訟法第248条の「犯人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重及び情状並びに犯罪後の情況により訴追を必要としないときは、公訴を提起しないことができる。」とある要件に該当せず、法理的には適当ではない。

 すなわち、外交問題を一つの理由とする今回の判断は、刑事訴訟法の範疇を超える政治的判断であり、検察の権限を大きく逸脱した極めて遺憾な判断といわざるを得ない。このような決断が検察庁の独断によって行なわれることは、国民が選んだ政治家が国益を踏まえた政治的・外交的決断を行なうという、わが国の議会制民主主義の原則を大きく揺るがすものである。

 われわれ民主党国会議員有志は「処分を保留し釈放」の判断を下したことに強く抗議すると同時に、今後、尖閣諸島近辺でのわが国の漁船などの船舶の安全、諸資源の確保に万全を期すための諸制度・法律の構築をめざす。もとより中華人民共和国からの謝罪と賠償の要求は言語道断であり、「一切応じない」という政府の判断を強く支持する。その上で、立法府に与えられたあらゆる権限を駆使して、真相の究明ならびにわが国の国益にそったあらゆる対応を今後行う決意である。

(以上)

八ッ場ダムの湖面2号橋(2010年9月27日)

八ッ場ダムの現地に行ってきました。マスコミは頻りに「湖面2号橋」の丁字型の橋脚を映して、中止の理不尽さを訴えていましたが、この橋は既に完成しているのをご存知ですか。姑息な世論操作でしょう? だから写真を撮りに行ったのです。情緒論を排し、不要なダム本体をどうするかの議論に特化するのが最善でしょう。

陽当たりのいい住宅地も出来上がり、移転済みの人もいます。造成工事で活気に満ちている部分と、さびれた川原湯の温泉街という落差に心が痛むのは当然です。生活再建というより、地域再建に早く注力できればと思います。

湖面2号橋は、ダム湖の対岸になってしまう川原湯地区と林地区を結ぶ県道付替工事の中核で、去年9月以来、「ここまで進んでいるのに」という中止反対の感情を象徴する存在でした。しかし、本体以外は進める方針は変わらず、実際、工事を続けて完成させたのです。現状を正しく認識するために現在の写真をご覧ください。

八ッ場ダムの湖面2号橋の写真

「プレス民主」の編集後記も最後です(2010年9月22日)

 副大臣・政務官、三役以外の党人事も続々と決まっています。私は当選2回組ですから今までは対象外。国会の理事や党の委員長代理あたりが適当なところですが、小沢支持が目障りだったでしょうから今回は無役かも。従来の広報委員長代理は9月24日号の「編集後記」を書いて、既に職務は終了しています。後記の中身は下記のとおりです。

 本欄担当も最後です

 猛暑と集中豪雨に見舞われた今年の夏。天候の異変は、古来、為政者の失政への警鐘とされてきました。科学の知見が行き渡った今日、信じる人もないでしょうが、政治にたずさわる者すべての自省と自戒の契機とすべきかも知れません。

 あの「政権交代。」の原点に戻り、挙党一致で「改革続行」を。

 政権党になって初めて迎える大幅な人事異動。広報委員長代理も交代ですが、本号は後任決定までの職務執行で担当しました。

(『プレス民主』2010年9月24日発行 240号)

18.2010年9月8日 文部科学常任委員会「日本語について」

(衆議院第14委員室 午後1時〜1時30分)

●田中眞紀子委員長 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。松崎哲久君。

●松崎哲久委員 松崎哲久でございます。
本日の私のこの質問は、他党の委員の方々も同じかもしれませんが、去る6月2日の本委員会においてするはずのものでございました。当日、大臣にも三役の皆さんにも開会をお待ちいただく中で、理事会で流会に決しました。鳩山前総理大臣が退陣の表明をされたその同時刻だったからでございます。
それから3カ月、我が民主党の代表選挙、そのさなかにこうして質問に立たせていただきますのは、まことに感慨深いものがございます。いろいろな思いを込めまして質問を始めさせていただきたいと思います。
4月21日の本委員会におきまして、本日残念ながら御欠席でございますが、馳浩委員の質問で、障害の「ガイ」の字、お手元に資料を配付させていただいておりますが、この左側のうかんむりの字を右側のいしへんの字に変えるために、このいしへんの「碍」を常用漢字に含めるべきではないかという議論がございました。
私はその馳委員のお考えに全面的に賛同をしている者でございますが、改定常用漢字表は、6月7日に、この「碍」の字を除いた形で文化審議会から大臣あて答申があったというふうに承知をいたしております。
この答申を受けまして、今後、内閣告示、訓令等と続いていくと思いますけれども、どういうスケジュールで進んでいきますものか、大臣にお伺いさせていただきたいと思います。

続きはこちら

民主党代表選結果(2010年9月14日)

 民主党代表選挙の結果はご承知の通りです。議員票が小沢候補200 vs. 菅候補206で、負けとはいえイーブンだったことが、せめてもの救いです。半分はいわゆる世論との乖離を自覚しながら、それでも、政策本意で選ぶ気骨があったということですから。

 全体の結果は、ポイント数では491 vs. 721でしたが、この差の理由は300ポイントの小選挙区集計が51 vs. 249と大差をつけられたからです。生の得票数は90,194 vs. 137,998で、小沢票の得票率は39.5%、地方議員の40 vs. 60と殆ど同じでした。

 残念だったのは、埼玉10区が365 vs. 369で4票差で1ポイント取れなかったこと。埼玉の15小選挙区のうち、中野譲代議士の14区だけポイントゲットですから仕方ないことは仕方ないとはいえ、10区総支部としては、面目ない結果でした。

代表選の投票に臨んで(2010年9月14日)

 運命の日。日本の、そして民主党の明日が、午後2時からの党大会で決まります。私自身は、小沢一郎選対の活動に全力を尽くしきったと自負していますので、いかなる結果であろうと、また元の静かな日々に戻ります。

 昨年の国政復帰後、私は国会・党と地元以外の活動はなるべく控えていましたが、今回の選挙ではラジオ・テレビ番組計10本に出演しました。ラ・テは昔取った杵柄(きねづか)です。それが陣営にとってプラスになると選対が判断し、要請されれば順うのが当然です。でも、戦いが終わって平時に戻れば、私の活動も日常に戻します。

 10時半から開かれた拡大議員班会議を終えて、余すところ2時間たらずです。

「小沢一郎代表選挙発言集」記者発表(第102回2010年9月13日)

政策班がまとめた「小沢一郎代表選挙発言集」を午後4時半から記者発表します。5時頃には公式特設ホームページ http://www.ozawa-ichiro.jp/elections/ にupしますので、是非ご覧ください。ここ数日、私は(坂戸の選挙以外は)かかりきりでした。

木下たかし氏、当選(第101回2010年9月13日)

 坂戸市選出の県議会議員補欠選挙(西11区)が9月3日告示、9月12日投開票の日程で執行されました(有権者数80,623、投票率29.10%)。結果、民主党推薦の木下たかし氏が初当選を果たしました。

木下たかし(民主推薦)11,699票
小川ただし(自民推薦)11,291票

 最終盤の10日(金)には枝野幸男幹事長(当時)が応援に坂戸入りした他、大野元裕、行田邦子、山根隆治の全参議院議員や、県連幹事長の高山智司、小宮山泰子両衆議院議員も来援し、党・県連が総力をあげて得られた結果です。

代表選挙は新会館の初仕事(2010年9月10日)

 代表選挙も目前に迫り、党所属の国会議員たちが両陣営さらには中立に分かれて、諸々の活動が繰り広げられています。

 その舞台は8月に移転が完了した新議員会館です。旧会館の狭い議員室は日常の打合わせにも不便でしたが、今回は各グループの会合や総決起集会すら、館内で開けました。

 豪華すぎるとか広すぎるというご批判もありますが(自民党政権時代に決まったこと)、完成した以上は有効に利用すべきです。

(『プレス民主』2010年9月10日発行 239号)

代議士のテレビ・ラジオ出演(第99回2010年9月3日)

8月27日(金)の『朝ずば』(TBS)、30日(月)の『ひるおび』(TBS)、31日(火)のBSフジ『プライムニュース』、9月1日(水)の『ひるおび』、2日(木)の『おはよう日本』(NHK総合)に引き続き、明日、下記の番組に生出演することになりました。時間のご都合がつかれる方は、是非、ご覧ください。

番組名 『みのもんたのサタデーずばっと』(TBS)
日時 9月4日(土)の午前5時45分から7時30分のうち、代表選関連コーナー。他のコーナーでもコメントします。

9月7日追加

番組名 『ワイド!スクランブル』(TV朝日)
日時 9月7日(火)のお昼12時から約20分間、代表選の「応援議員生激突」のコーナーです。

9月9日追加、ラジオ出演です。

番組名 『私も一言:夕方ニュース』NHK第1
日時 17時15分頃から35分間です。

9月10日追加

番組名 『Nスタ』(TBS)
日時 9月10日(金)午後4時53分からの内、代表選関連コーナー17時45分頃から(VTR)。

番組名 『サンデーフロントライン』(TV朝日)
日時 9月12日(日)午前10時から11時45分の内、代表選のコーナー10時10分頃から1時間。

9月16日追加

番組名 『INsideOUT』(BSイレブン、11Ch)
日時 9月16日(木)午後10時00分からの内、10時07分頃から約40分間。

 

代表選の街頭演説日程

当日、埼玉県連の党員サポーター集会もありますが、特に池袋は単なる演説でなく、小沢一郎候補本人のショートスピーチと握手等の趣向です。絶好の機会ですので、是非、ご参加下さい。

弁士 小沢一郎候補&菅直人候補(届出順)
日時 9月4日(土)午後1時〜
場所 東京・新宿駅西口(小田急前)

小沢一郎党員・サポーター集会

日時 9月4日(土)午後2時〜
場所 東京・池袋駅西口駅前広場(東京芸術劇場前)

小沢選対ニュース(第100回2010年9月6日)

「いっちゃんニュース」は小沢一郎公式特設ホームページ http://www.ozawa-ichiro.jp/elections/ の最後の部分、ダウンロード欄に掲載されております。

いま、なぜ小沢一郎か(第85回2010年9月1日)

民主党代表選挙には、小沢一郎前幹事長と菅直人総理が立候補します。2人とも私はよく知る立場にありますが、今回の代表選挙に臨むにあたっては、誰が「これからの日本」を率いる指導者たるべきかの一点を基準に判断すべきは言うまでもありません。

まず、「円高・株安など経済危機が迫っているのに、代表選挙をすべきでない」というご批判があります。しかし、選挙もなしに現内閣を続けたり、安易な妥協で中途半端な内閣を作ったら、この難局に対処するのに必要かつ強力な政策が断行できません。

評論家は「権力闘争にうつつを抜かしている場合か」と言います。が、自民党総裁選ならいざ知らず、この代表選挙は権力闘争などではありません。1)国民の生活が第一か格差拡大か、2)政治主導か官僚丸投げ復活か、3)予算の組み替えかシーリング方式か、4)デフレ・円高対策か財政規律重視か、等々の政策論争に他なりません。前者と後者の政権運営がもたらす違いは鮮明です。

菅内閣の支持率も「小沢より菅」が望ましいとの声も、余り積極的な理由からではないようです。「1年間に首相が3人も変わっていいのか」「短命内閣は世界に恥ずかしい」といった情緒的なものに過ぎません。しかし、歴史的な変動期には短命政権が続くものなのです。今が幕末・明治維新、戦後改革期に続く第3の変動期だということを皆さまもご認識いただきたいのです。

1944年7月に東条内閣に替わった小磯國昭以降、鈴木貫太郎、東久邇宮、幣原喜重郎は、いずれも1年未満の内閣です。吉田茂は長かったと思いがちですが、第1次は1年で、続く片山哲、芦田均も短命。結局、1949年総選挙で圧勝した後に長期政権になったのです。1867年に徳川慶喜から大政奉還を受けた朝廷は、三職制、政体書、太政官制、公選制、職員令と制度と人をコロコロと変え、1871年7月の太政官職制でようやく現代まで続く行政機構を築き上げました。変革期の先人たちは、朝令暮改と試行錯誤を怖れなかったのです。

短命政権だから不安定なのでなく、政権交代後の最初期とは体制が確立せず、安定しないのが条理です。だから人を替えないことを善しとはせずに、どうしたら政治的安定を確保できるか、つまり、短期で終わらない強力な政治基盤を創出することが必要なのです。

私は今、小沢氏こそがその可能性の最も高い政治家だと確信します。その剛腕で壊すべきものを壊さなければ、戦後60年の自民党政治の澱(おり)は解消しません。140年も続いた官僚政治の弊害は解決できません。その使命を小沢氏に今こそ託す必要があると考えます。

もちろん私は(そして他の小沢支持の同僚議員も)、小沢氏の不人気を知っています。しかし世論調査で政治を決めるのは議会制民主主義の否定です。私たち立法府の人間は、「明日の日本」「未来の社会」をどう築き上げていくかの観点で究極の選択をしなくてはなりません。小沢氏の「政治とカネ」にまつわる疑問符(疑問符に過ぎません)で、その類まれな力量を捨て去ることを得策とは考えないのです。今こそ「政権交代。」の原点に立ち返って成果を出し、実績を積み上げていけば、将来の世論には必ず理解を得られると思います。世論との乖離を自覚するのは、議員心理的には辛さがあります。小沢支持を公言すれば抗議も受けます。しかし「それでもなお」という強い信念で、私たち政治家は行動しなくてはならないのです。

民主党代表選挙を実施(第98回2010年9月1日)

 民主党は9月1日告示、14日臨時党大会(国会議員投票)の日程で代表選挙を実施します。この選挙には、5月末日までに党本部に登録または更新手続きを終了した党員・サポーターの皆様も参加することが出来ます。全国で34万2493人、埼玉10区で1156人の方が登録済み有権者となります。つまり、あなたの一票が実質的に日本の首相を決める選挙なのです。

 この代表選挙はポイント(P)制で、国会議員412人が各2P、地方議員2381人がドント式で100P、党員・サポーターが300小選挙区ごとに多数を占めた候補者が1Pを獲得する仕組みで、計1224Pの過半数である613P以上で当選がきまります。

 埼玉10区内に居住される有権者の皆様には、10区総支部で登録をされた方々以外にも、県内の1〜15の小選挙区総支部、参議院総支部、さらには他県の総支部や比例代表候補の関係者として登録された党員・サポーターの方がいます。つまり、どの総支部で手続きをされたにせよ、今、埼玉10区の10市町にお住まいの皆様の全てが10区の持つ1ポイントの有権者になります。

 この有権者の皆様は、昨年8月の「政権交代選挙」の際には、おそらく全員が松崎哲久に投票して頂いたと思います。その方々にお集まり頂いて私の考え(政策アピール第85回)をご説明し、併せてご意見・ご感想を聞かせて頂くための「タウンミーティング」を開催します。猛暑の中で恐縮ですが、お一人でも多くの皆様にご参加いただきたいと思います。なお、党員・サポーターに登録されていない後援会・支持者の方々、月曜クラブの皆様のご参加も歓迎いたします。

 

代表選タウンミーティング(第12回月曜クラブ)

日時 9月5日(日)午後2時より4時

場所 坂戸市文化会館/第一会議室

坂戸市元町17−1 TEL 049-282-0100

会費 200円(会場費+飲物・茶菓代)

▲ページトップに戻る