民主党代表選結果(2010年9月14日)

 民主党代表選挙の結果はご承知の通りです。議員票が小沢候補200 vs. 菅候補206で、負けとはいえイーブンだったことが、せめてもの救いです。半分はいわゆる世論との乖離を自覚しながら、それでも、政策本意で選ぶ気骨があったということですから。

 全体の結果は、ポイント数では491 vs. 721でしたが、この差の理由は300ポイントの小選挙区集計が51 vs. 249と大差をつけられたからです。生の得票数は90,194 vs. 137,998で、小沢票の得票率は39.5%、地方議員の40 vs. 60と殆ど同じでした。

 残念だったのは、埼玉10区が365 vs. 369で4票差で1ポイント取れなかったこと。埼玉の15小選挙区のうち、中野譲代議士の14区だけポイントゲットですから仕方ないことは仕方ないとはいえ、10区総支部としては、面目ない結果でした。

代表選の投票に臨んで(2010年9月14日)

 運命の日。日本の、そして民主党の明日が、午後2時からの党大会で決まります。私自身は、小沢一郎選対の活動に全力を尽くしきったと自負していますので、いかなる結果であろうと、また元の静かな日々に戻ります。

 昨年の国政復帰後、私は国会・党と地元以外の活動はなるべく控えていましたが、今回の選挙ではラジオ・テレビ番組計10本に出演しました。ラ・テは昔取った杵柄(きねづか)です。それが陣営にとってプラスになると選対が判断し、要請されれば順うのが当然です。でも、戦いが終わって平時に戻れば、私の活動も日常に戻します。

 10時半から開かれた拡大議員班会議を終えて、余すところ2時間たらずです。

▲ページトップに戻る