18.2010年9月8日 文部科学常任委員会「日本語について」

(衆議院第14委員室 午後1時〜1時30分)

●田中眞紀子委員長 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。松崎哲久君。

●松崎哲久委員 松崎哲久でございます。
本日の私のこの質問は、他党の委員の方々も同じかもしれませんが、去る6月2日の本委員会においてするはずのものでございました。当日、大臣にも三役の皆さんにも開会をお待ちいただく中で、理事会で流会に決しました。鳩山前総理大臣が退陣の表明をされたその同時刻だったからでございます。
それから3カ月、我が民主党の代表選挙、そのさなかにこうして質問に立たせていただきますのは、まことに感慨深いものがございます。いろいろな思いを込めまして質問を始めさせていただきたいと思います。
4月21日の本委員会におきまして、本日残念ながら御欠席でございますが、馳浩委員の質問で、障害の「ガイ」の字、お手元に資料を配付させていただいておりますが、この左側のうかんむりの字を右側のいしへんの字に変えるために、このいしへんの「碍」を常用漢字に含めるべきではないかという議論がございました。
私はその馳委員のお考えに全面的に賛同をしている者でございますが、改定常用漢字表は、6月7日に、この「碍」の字を除いた形で文化審議会から大臣あて答申があったというふうに承知をいたしております。
この答申を受けまして、今後、内閣告示、訓令等と続いていくと思いますけれども、どういうスケジュールで進んでいきますものか、大臣にお伺いさせていただきたいと思います。

続きはこちら

▲ページトップに戻る