「生活の党」への名称変更などについて(2012年12月28日)

 新聞・テレビの報道にあります通り、27日、日本未来の党は党名を「生活の党」、代表を森ゆうこ参議院議員に変更いたしました。一方、嘉田由紀子前代表は、28日にも新たに「日本未来の党」の設立を届け出る予定といわれており、未来の党の両院議員総会は「分党を含む確認書」を承認したと聞いております。

 この間の経緯について、私は詳細を承知しておりませんが、『国民の生活が第一』から合流した私は、「生活の党」の残留するのが自然であり、今後、その手続きを踏むことになります。

 嘉田代表には、実姉で本庄市在住の明堂純子市議会議員ともども選挙の最中に応援をたまわり、感謝しております。選挙の成績が思わしくなかったとはいえ、党の歴史が余りに短い結果に終わったことは残念です。未来の党のすべての候補者が選挙戦で訴えたことは、右傾化し、原発の維持推進へと舵を切る政権が本性をあらわしつつある今こそ、大きな意義をもつものと考えます。その潮流に抗するため、スリムであっても精悍な党を作るしかないと思います。

 2012年の対外業務は明日(29日)で終了いたしますが、来年もよろしくご指導・ご支援をお願い申し上げます。

前衆議院議員 松崎哲久

歴史は流れる水のごとく(2012年12月25日)

 総選挙が終わって10日が経ちました。この間、ひたすら荷物との格闘の毎日でした。落選という結果には付きもので仕方がないのですが、議員会館の事務所と議員宿舎からの退去にすべての時間をついやしていたからです。というわけで、総選挙全体の結果についても私自身の得票についても、まだ十分な分析をする間がありません。

 そんな事情にかかわりなく、世の中は動いていきます。本日午後には民主党の新代表に海江田さんが決まり、明日召集の特別国会で安倍晋三自民党総裁が首班指名されます。「流水日夜下ル(りゅうすい、にちや、くだる)」の理(ことわり)です。

嘉田代表の初遊説―大宮駅東口で(2012年12月2日)

 12月2日正午、『日本未来の党』の嘉田由紀子代表は、4日公示の総選挙を控え、党公認の109名を発表いたしました。これまで、『国民の生活が第一』は第3次公認まで71名を発表していましたが、『減税日本・脱原発・反TPP』等から合流した議員・候補者、『みどりの風』から合流した前衆議院議員、社民党を離党した阿部知子氏などと、生活系の新たな候補者も合わせて、109名という数になったものです。

 その後、嘉田代表は大宮駅東口に移動して、午後3時から代表就任以来、初めての街頭演説をおこないました。会場には松崎哲久前代議士(10区)、小宮山泰子前代議士(7区)、松浦武志候補予定者(9区)、小高真由美候補予定者(15区)もかけつけ、嘉田代表と固い握手をして健闘を誓いました。

嘉田由紀子代表の街頭演説の写真

 なお、最近のアップ記事は下記の通りです。

各党が問われるもの(2012年11月16日)

 今、各党が問われている重要な争点があります。

 嘉田由紀子代表が「3・11以後、初めての国政選挙」と指摘したように、東日本大震災に起因する原発事故にどう向きあうか、各党の姿勢が問われるのです。

 

 私は『未来の党』に合流した『国民の生活が第一』の脱原発政策の責任者です。その立場で、9月7日に衆議院の五会派が提案した「脱原発基本法案」の提出者となっただけでなく、案文の起草にもあたりました。その前文の冒頭は、

 

東日本大震災における原子力発電所の事故から学び取るべきものは何か。世界で唯一の原子爆弾の被爆国でありながら、虚構の安全神話の下で推進してきた我が国の電力政策の見直しが、その重要な課題であることは論をまたない。

原子力発電は、潜在的な危険性の高さにおいても、放射性廃棄物の処理においても、信頼性及び安全性が確保されたエネルギーではない。一旦事故が起これば幾多の人々が故郷を追われ、働く場を失い、家族を引き裂かれるのみならず、周辺地域や国民経済に与える甚大な被害や人々の不安と恐怖を考えれば、むしろエネルギーとして、極めて脆弱なものであった。

 

で始まります。この選挙に立候補する者すべてが、この認識をもっているのか。民主党、自民党、日本維新の会の党首の発言を聞く限り、共有はされていないようです。

 私たち『日本未来の党』は、原発稼働をただちにゼロにし、十年後までに全廃を確定することを強く主張しています。基準の厳格化や、発送電分離と電力自由化などで市場の論理を徹底すれば、自然に原発は消滅すると言う人たちもいます。しかし、私が前文を、

 

ここに、我々は、国家として「脱原発」を明確にし、その確実な実現を図るため、この法律を制定する。

 

と結んだように、脱原発は国家の意志として決めなければならないのです。それが政治の責任であり、その国民の総意を示す機会が「3・11以後、初めての国政選挙」です。

 私たちは埼玉県出身(本庄市生まれ、熊谷女子高校卒)の嘉田代表のもと、この課題に積極的に取り組みます。

 

 『未来の党』の「政策要綱」

1.原発のない再生可能エネルギー社会へ/原発稼働ゼロから全原発廃炉の道筋を創ります。

2.全員参加型社会へ/子どもや女性の声なき声をきちんと政治に反映させます。

3.安心・安全を実感できる社会へ/みなさんの生活に対する不安を取り除きます。

4.家計の復活へ/消費増税法は凍結します。

5.行政・司法の抜本改革の断行/国民・地域の立場に立った行政・司法に改めます。

6.主権国家としての権利を堅持へ/食品の安全・医療制度を守り、品格ある外交を展開します。TPPに反対。

▲ページトップに戻る