『忠臣蔵―瑤泉院の陰謀』が再々送決定(第71回2009年4月17日)

―5月13日〜7月15日の水曜19時―

松崎哲久前衆議院議員が湯川裕光の筆名で執筆した長編小説『瑤泉院 忠臣蔵の首謀者・浅野阿久利』(新潮文庫)は、一昨年の正月にテレビ東京の新春ワイド時代劇としてテレビ化されました。いわゆる10時間ドラマですが、過去30回の作品の中でも最高のものの一つとされています。

配役は瑤泉院(ようぜいいん)に稲森いずみさん(NHK大河ドラマ『篤姫』の大奥総取締・滝山、『平清盛』の常盤御前、日本テレビで4月15日に始まった『アイシテル』にも主演)。大石内蔵助に北大路欣也さん――この2人の間の秘められた、ほのかな慕情が物語の底を通して流れ、ふつうは悪役として登場する大老の柳沢吉保(忠臣蔵の時代の川越藩主)を高橋英樹さんが演じ、有能な幕閣の指導者として瑤泉院や大石と丁々発止のやりとりをします。

この『忠臣蔵―瑤泉院の陰謀』は2007年1月2日の午後、14時から24時まで放送されました。箱根駅伝の終了にあわせて始まった番組は主役の稲森いずみさんの悽愴な美しさが観る者を魅了し、視聴率も第1部9.2%、第2部11.2%、第3部14.5%と時間を追って上昇。とくに大石内蔵助らが吉良邸に討入りした後を扱う第3部は、瑤泉院が忠臣たちへの感謝を行動に表わす姿が感動的でした。

その年の年末には3日間にわたって再放送されましたが、このたび、テレビ東京系のBSジャパンで10時間分を10回に分けて、再々放送が実施されます。

5月13日が第1回で、毎水曜日の午後7時から8時の予定ですので、お見逃しなく。

▲ページトップに戻る