岡田克也元代表、再び来援(第67回2008年10月20日)

081023_okada.jpg

2005年の郵政解散時の代表で、現・副代表の岡田克也衆議院議員も埼玉10区には度々来援しています。7月9日には一連の党首脳遊説の先陣を切る形で10区入り。東松山市の市民文化センター大会議室でおこなわれた埼玉10区総支部と松崎哲久後援会の合同集会に出席し、講演しました。そして10月23日には、滑川町の「ベイシアなめがわモール店」前で、あいにくの雨にもかかわらず熱心に演説。4人の党首脳が次々と埼玉10区を訪れ、市や町ごとの集会に参加しているのは、党本部の「埼玉10区は重点区」という認識を示しています。

▲ページトップに戻る