ホームページを近日中にリニューアル(2009年8月1日)

7月21日の解散を受け、総選挙の準備が着々と進んでいます。といっても、私たちにとって「事実上の選挙戦」は今に始まったことでなく、去年(08年)の夏には本番モードになっていましたので、大きく欠けているものはありません。駅立ち、ポスティング、訪問活動、街頭宣伝など、為すべきことを粛々と為すだけです。

それでも、実際に選挙の日程が決まらないと準備できないものもあります。最大のものは「何を争点として戦うか」です。争点が決まって初めて、前面に打ち出す政策やキャッチフレーズが決められるからです。夏か秋か冬か春かで、スタッフやボランティアが、シャツを着るのかジャンパーなのかも変わります。ともあれ、盛夏の8月18日(火)に公示、30日(日)投開票という「真夏の総選挙」になることが決定しましたので、解散直後から今日まで、確立した方針のもとに既定の準備項目を点検しながら進め、あらかた終わりました。

まず、今年の夏のキーワードは「政権交代。」です。この言葉の浸透度は老若男女を問わずにすさまじく、したがって、ポスターや法定選挙はがきなど、すべての器材に「政権交代。」を打ち出すようデザインも変更しました。朱色で「政権交代。」と大きく掲げた幟りやステッカー、マグネットシールなども用意して、活動・運動の中心に位置づけるよう考えています。

次に、このホームページをリニューアルすることにしました。数日中に実施いたしますので、改めてご案内しますが、本欄の「近日雑感&政策アピール」は従前の形に戻して「近日雑感」と「政策アピール」に分けて、「近日雑感」は極力、毎日更新することにします。ただし、公示日から投票日まで(8月18日〜30日)の13日間は法の規制により更新が出来ませんので、ご了承ください。

▲ページトップに戻る