鶴ヶ島市長選、市議補選に候補者擁立(第81回2009年9月16日)

民主党埼玉県連は10月18日告示、25日投開票の日程で執行される鶴ヶ島市長選挙に、市内上広谷在住の近藤茂(しげる)氏を推薦候補として擁立することを決定。また同日選挙となる市議会議員補欠選挙に立候補する市内富士見在住の田口幸央(ゆきお)氏の公認も決定しました。

近藤茂氏は1999年から2003年まで鶴ヶ島市議会議員を務め、現在は市の社会教育委員会議長の任にあります。職業はソフト開発会社の役員で、学童保育室を運営するNPO法人理事長も務めています。

田口幸央氏は東京大学農学部林産学科を卒業後、大日本印刷(株)に入社。昨年、関連会社を定年退職するまで40年間のサラリーマン生活でした。その間、富士見の若葉台第2住宅自治会長、富士見中学校PTA会長などを務めて、地域社会にも貢献してきました。

この選挙に対する民主党の考え方、両氏の主張、プロフィールの詳細、事務所等については、追ってこの欄その他に掲載いたします。

▲ページトップに戻る