民主党、木下たかし氏を推薦――坂戸市県議補選(第97回2010年8月13日)

坂戸市選出の県議会議員補欠選挙(西11区)が9月3日告示、9月12日投開票の日程で執行されます。民主党は坂戸市前教育委員で、富士通ビジネスシステム関東支社長の木下たかし氏を推薦することを、12日、県連常任幹事会で決定しました。

この補選は、自民党の鹿川文夫氏が県議会最終日の8月4日に突然辞職したためにおこなわれるもので、任期は来年4月までの6ヵ月しかありません。鹿川氏の辞職理由は「一身上の都合」とされていますが、ここ数ヵ月、残土の不法投棄問題で窮地に立っていたことなどが新聞で報道されていました。法の規定ですから補選は執行されなければなりませんが、1千万円単位の経費は市民の税金から支出されるのです。

木下たかし氏の写真

木下氏は来年の任期満了による本選挙を目指し、立候補の準備を進めていました。昨年12月、民主党の候補者公募に応じ、今年の2月に「適格」の通知を受け、名簿に登録済みです。そして教育委員の任期が9月30日まであるので、その任を全うした後、10月から本格的に活動を開始する予定でした。

今回、急遽の補選で教育委員を途中辞任(8月10日付)することになったのは不本意だと思いますが、民主党の推薦候補として、党・県連・10区総支部も総力を挙げて支援いたします。

事務所は、坂戸市大字坂戸1492-1 TEL 049-280-0660 FAX 280-0661です

木下氏のプロフィール

昭和34年(1959)、坂戸市成願寺に生まれ、同57年(1982)、城西大学経済学部経営学科を卒業。翌年、(株)富士通ビジネスシステム(一部上場)入社。30年近く勤め上げて、今年の4月に関東支社長に昇進しました。

社会人として活躍すると同時に、ふるさと坂戸のためにボランティア活動も続けています。「ふるさとの川クリーンキャンペーン」や「国際交流フェスティバル」に取り組み、坂戸市民応援団事務局長、坂戸市広報委員、そして教育委員を務めました。

長野は民主党が4戦全勝

8月8日は長野県知事選挙の投票日で、民主党推薦の阿部守一氏(前内閣府行政刷新会議事務局次長)が村井仁現知事の後継者である腰原愛正氏を破って初当選を果たしました。この結果は全国版にも報道されましたが、注目すべきは同時に実施された長野県議の補欠選挙です。

県議補選は民主候補が圧勝

長野市、安曇野市、下伊那郡の3選挙区で行なわれた補選は、いずれも民主党の新人が当選したのです。長野市は党公認の倉野立人氏(48)が96,813票vs.36,396票で圧勝。安曇野市は推薦の甕裕一氏(40)が25,371票vs.16,384票で、下伊那郡でも推薦の吉川彰一氏が15,182票vs.12,350票で自民党公認を破ったのです。

 

9月7日告示の滑川町長選挙に民主党推薦で出馬を表明していた上野広氏は、ドクターストップがかかり立候補を断念することになりました。なお、町議会議員の活動には支障はありません。8月1日投票の東松山市長選挙は森田光一前県議が当選、5日に初登庁。しかし得票率は、投票者に対して36.4%、全有権者に対して18.9%の少数支持でした。


▲ページトップに戻る