新構想で情報発信(2010年11月26日)

 出戻りで委員長代理を務めることになり、本号から『プレス民主』を担当します。

 大塚耕平広報委員長は7〜8年前にも広報の経験があり、野党時代と政権党になっての広報では意味も狙いも重要度も違うとの認識の下、積極的に「広報改革」を進めようとしています。

 本紙も、本格的な紙面改革は新年を目標としつつ、新構想による試作版を製作中です。民主党の新しい情報発信の姿に、ぜひ、ご期待ください。

(『プレス民主』2010年11月19日発行 244号)

▲ページトップに戻る