タイガーマスクという偶然(2011年1月28日)

 年末、政権党で税制改正に携わった議員たちは、今年が「寄付文化元年」になることを確信していました。鳩山前首相の肝煎りで、「新しい公共」の考え方を政権の意志とし、担い手としての寄付を根づかせるための制度や税額控除を大胆に認めたからです。

 将来、2010年はこの変革で記憶されるかも知れません。日本人が「共に生きる」ことの意味に目覚めた年であり、偶然にも、その直後からタイガーマスク現象が始まった…

(『プレス民主』2011年1月21日発行 248号)

▲ページトップに戻る