ツイッターより(2011年3月2日)

 予算委員会の採決と本会議の開会待ちの一日です。深夜あるいは明日まで持ち越しになるとの見通しもあります。週末、26日に埼玉県連の定期大会がありましたが、そこで「我々は、これまで『国民の生活が第一』を最大の目的としてきたし、これからも目的としていくことを誓う」と決議がされました。

 フロアで聞いていた私(=執行部でないので)は、この文言を決めて党本部に怒られないのかと思いましたが、黙っていました。統一選挙を戦う地方議員たちの悲痛な叫びだからです。「政権交代の歴史的意義を決して忘れていないし、これからも確信していく」という声が届かないもどかしさを拭えません。

(2011年2月28日付)

▲ページトップに戻る