ツイッターより(2011年3月17日)

 このたびの地震・大津波で被災された方々に、謹んでお見舞いを申し上げます。私も一市民としては政府(現政権だけでなく旧政権・官僚・企業等を含めて)に対し言いたいことは山ほどありますが、野党の皆さんも「協力しよう」としている時に、与党の一員が何も言うべきでないので控えます。

 私も、友人・知人には両親を失った人、配偶者や子供を亡くした人、不明の人が複数います。みんな同じです。でも、立ち上がらなければならないし、そのために助け合って、全力を尽くすしかありません。持ち場、持ち場で頑張るのみですから、いたずらな批判は慎みましょう。

 しかし、いつも切り捨てられてきた「郡部」の人間として、これだけは言います。今、私の近くでは1両の電車も走っていません。同じ路線でも都心、区内、郊外区間は動くのに。なぜ? 切り捨てになる理由を説明してほしい。地域エゴからではありません。私の支持者も非支持者も、ただ知りたいのです。

(2011年3月15日付)

▲ページトップに戻る