復興、そして再生を!――東日本大震災(第87回2011年4月1日)

 東北地方太平洋沖地震による震災・大津波・原発事故で被害を受けられた方、避難を余儀なくされている方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

 2万名を越える死亡・行方不明の皆様のご家族のご心痛を思うと、発すべき言葉すら失ってしまいます。亡くなられた方々には謹んで哀悼の意を、不明の方々のご家族には深甚なる励ましの意を表させて頂きます。

 過去の教訓が活かされてない

 私は民主党の文部科学部門の座長として、「復興特別立法チーム」と「補正予算検討チーム」に加わり、連日、政府・党との政策調整に専心しています。被災地選出の同僚議員には肉親を失い、また安否の知れない中、職務に奔走している姿もあり、粛然として頭を垂れるしかありません。

 このたびの大災害で明らかになったのは、わが国の危機管理体制の脆弱さです。阪神・淡路大震災や新潟県中越地震の教訓があるのに、十分には活かされなかったことが明らかになりました。

 事態は進行中ですから、与党の人間として、また政治の側から行政や企業を批判することは慎みますが、進行中だからこそ触れなければならない2点のみを述べます。

 規模も被害も想定外ではなかった

 政府の記者会見では、繰り返し、「想定外の事態が起きた」という言葉が使われます。しかし、地震のエネルギーの強大さ、津波の高さなどについて、「想定外」とすることで免責されるわけではありません。原子力発電所は絶対に安全という架空の神話で押し通した責任、それゆえ対策が十分でなかった責任は明らかです。断層も津波も、40年以上前の設計当時の想定を上回る規模になるとの警告が数年前に発せられており、電源遮断から冷却不能が生じて炉心溶融の危険につながる問題も、すでに指摘されていました。この不作為には重大責任があります。

 失敗した輪番停電をやめさせよ

 原発が停止してからの対策、特に、電力不足に対する措置としての輪番停電は不公平感だけが残る、壮大な失敗でした。東上線は他の鉄道路線と比べても、運休区間、持続時間の双方で最悪です。私は抗議の意志をもって資源エネルギー庁からヒヤリングを重ねましたので、事情はかなり知り得ましたが、電力という経済社会の根幹をなす重要設備について、危機管理が余りに杜撰であったことに驚きます。まずは早急に輪番停電をやめさせ、夏に向けての的確な需給調整策を決定することに努力しています。

▲ページトップに戻る