松崎代議士は国土交通部門座長の政調副会長(第108回2011年9月30日)

 野田内閣の発足にともない、副大臣・政務官、衆参両院の常任委員長・特別委員長、党役員などの一連の人事がおこなわれました。松崎哲久代議士は、菅内閣では政策調査会の文部科学部門会議座長、衆議院文部科学常任委員会理事、政治倫理・選挙法改正特別委員会理事を務めていましたが(党広報委員長代理は1月まで)、野田新体制では「政策調査会副会長で国土交通部門会議座長を兼務」することになりました。

 民主党の政策調査会は、政権交代後、(1)政府と党の政策決定を一元化する、(2)自民党時代のように族議員を跋扈(ばっこ)させない、等々の観点で一旦廃止されましたが、政策決定過程を透明化するための試行錯誤ととらえて、昨年7月に復活されました。前任の玄葉光一郎政調会長時代は国家戦略担当大臣との兼務で(1)を担保しましたが、今回の前原誠司政調会長は、(3)党の事前承認制をテコに一元化の実を挙げる、ことを目ざしています。

 結果として、政府の府省に対応して置かれる部門会議の比重が高まり、その座長には政調副会長をもって充てることとされました。というよりも、実質的には副大臣・政務官の経験者が座長になるという人事ルールが適用されたように見えます(松崎代議士は政府の役職は未経験ですが、文部科学部門の座長経験者として国土交通部門へ異動、決算→法務の松野座長も同様です)。

 

政策調査会役員一覧

政策調査会長 前原誠司 衆6 (元・外務大臣、国土交通大臣)
会長代行 仙谷由人 衆6 (元・内閣官房長官、国家戦略担当大臣)
会長代理 三井辨雄 衆4 (前・国土交通副大臣)
会長代理 桜井充 参3a (前・財務副大臣)
筆頭副会長 大島敦 衆4 (元・内閣府副大臣、前・内閣部門会議座長)
副会長 長妻昭 衆4 厚生労働部門会議座長(元・厚生労働大臣)
副会長 中山義活 衆4- 経済産業部門会議座長(前・経済産業大臣政務官)
副会長 菊田真紀子 衆3 外務部門会議座長(前・外務大臣政務官)
副会長 田村謙治 衆3- 内閣部門会議座長(元・内閣府大臣政務官、前・国交部門会議座長)
副会長 横山北斗 衆2 環境部門会議座長(前・衆議院議院運営委員会理事)
副会長 階猛 衆2- 決算・行政監視部門会議座長(元・総務大臣政務官)
副会長 松崎哲久 衆2 国土交通部門会議座長(前・文部科学部門会議座長)
副会長 郡司彰 参3a 農林水産部門会議座長(元・農林水産副大臣)
副会長 鈴木寛 参2b 文部科学部門会議座長(前・文部科学副大臣)
副会長 榛葉賀津也 参2b 防衛部門会議座長(元・防衛副大臣)
副会長 大久保勉 参2a 財務金融部門会議座長(前・組織委員会副委員長)
副会長 松野信夫 衆1参1b 法務部門会議座長(前・決算部門会議座長)
副会長 加賀谷健 参1b 総務部門会議座長(前・総務部門会議座長)
副会長 吉良州司 衆3 特命担当(前・外務部門会議座長、元・外務大臣政務官)
副会長 小川淳也 衆2 予算担当(元・総務大臣政務官)
副会長 中村哲治 衆2参1b 特命担当(元・法務大臣政務官)
副会長 金子恵美 参1b 特命担当(前・副幹事長)

註) 衆1〜6は衆議院当選回数、参1〜3は参議院当選回数(aは前半、bは後半)、-は補選または繰上当選

▲ページトップに戻る