松崎代議士の緊急街頭演説(第110回2012年6月16日)

20120616_gaitoenzetsu.jpg  松崎哲久代議士は以前から「今の時期の消費税増税」に反対しておりましたが、野田内閣は自民党との密室談合で、10%への段階的引き上げに合意したと報道されています。公明党を含む三党協議では、両党のつきつけた条件に対して譲りに譲っており、もはや「社会保障との一体改革」との隠れ蓑さえかなぐり捨て、なりふり構わない「増税先行」に突き進んでいます。

 6月18日にも始まる三党合意の「党内了承手続き」を前に、私たちは「増税の前にやるべきことがある」を旗印に、全国津々浦々で増税反対の演説会をおこなうこととし、埼玉10区は16日午後1時半から、若葉駅東口広場で松崎代議士が2回に分けて実施しました。この場所は、あの暑い夏の政権交代選挙の際に、菅直人前首相(当時は代表代行)が、立錐の余地なく集まった支援者の皆さんに「官僚主導からの脱却」を訴えた場所でしたが……、今回の増税が財務省主導であることは誰もが知っています。


▲ページトップに戻る