松崎哲久の略歴

衆議院議員、作家

●昭和25年(1950)生まれ。

●東京大学法学部卒業、米国ハーバード大学大学院修了(Master of Arts取得)。E.O.ライシャワー、エズラ・ボーゲル博士のもとで研究員を務める。

●昭和57年(1982)7月、自民党総合政策研究所の設立にともない主任研究員となり、自民党幹事長付、同総裁付、社会工学研究所政治分析センター主幹をへて、平成元年(1989)12月、現代政治分析センターを設立、代表に就任し現在に至る。政治分析、選挙分析の第一人者として評論活動の他、テレビ・ラジオ出演も多かった。

■平成4年(1992)5月、日本新党の結党に参画し、7月の参議院比例代表選挙で次点。その後、政策部会長、組織委員長、総務委員長を歴任。

■平成8年(1996)9月、民主党結党に参加。10月の衆議院議員総選挙(埼玉10区)に立候補したが落選し、平成15年(2003)11月の総選挙で当選。

衆議院国土交通常任委員会委員、決算行政監視常任委員会委員、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員を務めた。

平成17年(2005)9月の郵政選挙で落選、同21年(2009)8月の政権交代選挙で再選。

■民主党政権においては、衆議院政治倫理審査会筆頭幹事、文部科学常任委員会理事、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会理事、議院運営委員会委員、民主党広報委員長代理、文部科学部門会議座長を経て、民主党政策調査会副会長、国土交通部門会議座長、衆議院国土交通常任委員会理事、国土審議会委員等を歴任。

■平成24年(2012)7月、消費税増税法案に反対して離党後の現職は、「国民の生活が第一」副幹事長(政策担当)、党文部科学政策会議座長、「原発ゼロへ!」政策検討会議座長、衆議院文部科学常任委員会理事。

●なお、湯川裕光の筆名で、小説や劇団四季のミュージカル台本を執筆している。

▲ページトップに戻る