「生活の党」への名称変更などについて(2012年12月28日)

 新聞・テレビの報道にあります通り、27日、日本未来の党は党名を「生活の党」、代表を森ゆうこ参議院議員に変更いたしました。一方、嘉田由紀子前代表は、28日にも新たに「日本未来の党」の設立を届け出る予定といわれており、未来の党の両院議員総会は「分党を含む確認書」を承認したと聞いております。

 この間の経緯について、私は詳細を承知しておりませんが、『国民の生活が第一』から合流した私は、「生活の党」の残留するのが自然であり、今後、その手続きを踏むことになります。

 嘉田代表には、実姉で本庄市在住の明堂純子市議会議員ともども選挙の最中に応援をたまわり、感謝しております。選挙の成績が思わしくなかったとはいえ、党の歴史が余りに短い結果に終わったことは残念です。未来の党のすべての候補者が選挙戦で訴えたことは、右傾化し、原発の維持推進へと舵を切る政権が本性をあらわしつつある今こそ、大きな意義をもつものと考えます。その潮流に抗するため、スリムであっても精悍な党を作るしかないと思います。

 2012年の対外業務は明日(29日)で終了いたしますが、来年もよろしくご指導・ご支援をお願い申し上げます。

前衆議院議員 松崎哲久

▲ページトップに戻る